質屋への来店から品物返却までの流れを解説

質屋をはじめて利用する方のために、来店から品物返却までの流れを解説していきます。

質流れについてもあわせて解説するため、気になる方はご参考ください。

まずはブランド品や貴金属など、質入れしたい品物と身分証(運転免許証など)を質屋に持参します。

その後は質屋の店頭で品物の査定がはじまります。

融資額は品物の価値の範囲までです。

査定に納得できなければ、質入れせずにそのまま帰宅しても構いません。

査定に納得できて質入れしたときは、質屋から現金と質札が手渡されます。

質札は品物を返却してもらうときに必要になりますので、タンスの引き出しなどに保管しておいてください。

なお、質屋を利用できるのは20歳以上の方です。

未成年の方は質屋を利用できませんので注意してください。

質入れした後は、3か月の期限以内に返済していきます。

質屋の利息は月利となっており、期限を1日過ぎただけでも1か月分の利息を支払いしないといけません。

そのため、期限ぎりぎりではなく早めに返済したほうが良いです。

返済が完了しだい、質入れした品物は返却されます。

品物を返却してもらいたいときは、先ほどの質札と身分証(運転免許証など)を質屋へ持参してください。

期限までに返済できなかったときは、質入れした品物が質流れとなります。

質流れとなった品物の所有権は質屋へと移り、返却不可となります。

3か月以内に返済できないときは、利息のみ支払いして返済期限を延長してもらうことも可能です。

Comments are closed.